カップ麺をフル活用してしまう私

家でカップ麺を食べるときって、食費を節約したい、洗い物や料理の手間を省いてサッと済ませたいという動機があるじゃないですか。
私ももちろんその理由で家に買い置きしてあるカップ麺を食べるのですが、どうもカップ麺の扱いが上手じゃないのかついつい手間を掛けたりいろいろやってしまいます。
カップ麺なのでそのままお湯を入れて割り箸で食べて食べ終わったら洗わずにゴミ箱に捨ててしまえば簡単です。
ところが、私の場合カップ麺だけだとお腹がいっぱいにならないし、具材が少ないからちょっと冷蔵庫に残っている何かを足そうと思ってしまいます。
カップ麺に入れるために残り物のキャベツを刻んだり、卵を割ったりします。しかも生卵をそのままカップ麺に入れても固まらないので、別容器に水と一緒に入れて、破裂しないようにちょっと黄身に穴を開けて電子レンジで温めてからお湯を入れるタイミングでカップ麺に落としたりします。
結果的に包丁とまな板を使ったり、野菜を洗ったり、卵をレンジでチンする容器を使ったりするので結果的には洗い物が発生してしまうわけです。
それならもうカップ麺じゃなくて袋麺や生麺でもよかったじゃんという手間の掛かり具合です。
さらに、食べ終わった後のカップ麺の容器もやっぱりそのまま洗わずにゴミ箱に放り込むと臭くなる気がします。そこで台所でゆすぐわけですがスープの油があるのでなかなかきれいになりません。結局洗剤を使って丁寧に洗うと、もう陶器のお皿を用意したのと同じ手間の掛かり具合です。
もちろんついでに割り箸も洗います。
で、せっかくそこまで綺麗にしたのだから割り箸と食べ終わったカップを乾燥させておき、結局次回洗い物を減らすために容器として再利用することになります。
ここまでしていると、結局お手軽なはずのカップ麺でも結局洗い物も調理の手間も発生してしまって実はあまりお手軽感がなくなったことにいつも終わった後に気付きます。
でも性格的に一手間加えずにはいられなくて、せっかく洗ったら再利用とか考えてしまうのは私が貧乏性だからなのでしょうか。

About the Author

You may also like these